【ニューフェイス〈本紙初登場〉】 〈マルカワオンラインショップ〉/FBAを活用し、3年で売上2倍 [前文]

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

若林大輔常務取締役

 ジーンズなどアパレルを実店舗とネットで販売するマルカワ(本社東京都、小川聖司社長)は、FBA(フルフィルメント・バイ・Amazon、アマゾンの商品発送代行サービス)を活用し、3年間でEC売上高を3倍に伸長させた。自社倉庫にFBAに対応するためのシステムを構築。アマゾンジャパンの倉庫向けに、1日平均2000点の商品を発送している。
 倉庫に導入しているのは、自社開発したFBAに特化したシステム。ピッキング票に、アマゾンの商品ページに掲載している商品写真と同じ画像を印刷し、庫内スタッフの業務を簡略化・効率化している。EC全体売上高のうち、約6割をアマゾンにおける売上高が占めている。

(続きは、「日本ネット経済新聞」1月17日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

ニューフェイス 連載記事
List

Page Topへ