2020年EC市場展望

モール対策

アグザルファ

社長 比良益章 氏 「PB拡充」や「ライブ」が焦点

 アマゾン出品サービスのコンサルティングのパイオニア企業であるアグザルファ(本社東京都)の比良益章社長は、20年のアマゾンでは「PB拡充やライブコマースなどポイントになるだろう」と予測している。

 アマゾンのPB商品がすでに、アマゾン内の人気商品として台頭している。今後もアマゾンは、積極的にPB商品を開発していくだろうし同時に、広告の露出を強化し、アマゾンアプリのポップアップ表示なども活用して、優位にアマゾンPBを展開していくだろう。品ぞろえの拡大や、顧客の囲い込みにも注力していくと考えられる。メーカーが、アマゾンと協力して商品開発するケースも増えており、価格の安いアマゾンPBがさらに猛威を振るう展開になるだろう。
 出品者の商品展開については、「ライブコマース」がアマゾン内外で浸透する。出品者がライブ配信やストリーミング配信を行える「アマゾンライブ」が国内でも開始されるなど、スマホを用いた配信の活発化、動画による商品紹介がブランドオーナーを中心に主流になるとみられる。今後は、ライブ配信や動画の知識がないと競合との差別化も難しくなるだろう。
 現在問題となっている偽造品や不正販売については、偽造品撲滅を目的とした「プロジェクトゼロ」を始め、取り締まりが強化される。出品者による発送で問題が生じた際も、アマゾン側の責任が避けられなくなっている。アマゾンは、違反出品、不正レビューなどに対して、AIを活用しながら、独占禁止法に抵触しない範囲でさまざまな対策を実施していくだろう。
 配送サービスも活発化する。個人事業者が配送代行する「アマゾンフレックス」などアマゾン独自の配送サービスが浸透すると考えられる。いずれは、アマゾン倉庫に荷物を預ければ、アマゾン以外の注文でも、アマゾン独自の配送サービスを利用できるようになるかもしれない。今後は、ECモール各社が自らの倉庫へEC事業者を囲い込む競争が激化していくだろう。
 これまでブランド力で売れていた商品も、今後はアマゾン内の対策をしなければ淘汰される状況になる。アマゾン内でブランドオーナー自身がブランド管理をしていくことが重要になる。D2Cトレンドや新興ブランドの台頭などもあり、競争は今まで以上に激化していくだろう。


2020年EC市場展望
List

モール対策


日本ECサービス

社長 清水将平 氏 アマゾン、ヤフーの優遇策に楽天はどう戦う

more


合同会社 さくら

代表 仲庭拓也 氏 生き残りをかけた3つの戦略

more


大都

社長 山田岳人 氏 各モールのB2B合戦進む

more


ECエバンジェリスト

 川添隆 氏 モールの変化続く、今こそ見直しが急務

more


増税の影響


いろは

社長 竹内謙礼 氏 6月駆け込みと「マイナポイント」が肝

more


消費者契約法


ECネットワーク

理事 沢田登志子 氏 規約変更の取り締まり厳しく

more


キャッシュレス


東海大学

客員准教授 小嵜秀信 氏 スーパーアプリ化の波に乗れ

more


SBペイメントサービス

常務取締役CSO 平田敏昭 氏 新ビジネスモデルに”摩擦”ない決済を

more


マーケティング


ダイレクトマーケティングゼロ

社長 田村雅樹 氏 「ブランドコンセプト」が勝敗を分ける

more


5G


空色

プロダクト開発部 部長 平松孝弘 氏 高精細画像での商品ページに慣れておくべき

more


一般社団法人 ジャパンEコマースコンサルタント協会

代表理事 川連一豊 氏 5G時代はストーリーのある商品が鍵に

more


Page Topへ