2022年 有力EC事業者・有識者が市場を予測

有識者に聞く!【2022年 EC市場展望】〈越境EC〉

フューチャー

社長 小柳みゆ 氏 急成長プラットフォームで商機をつかむ

 中国越境ECへの進出を一貫支援しているフューチャー(本社東京都)の小柳みゆ社長は、「22年は、急成長する動画プラットフォームへの早期進出、SNSの活用を推奨している」と言う。「激変する中国の現地事情を的確に把握した上で、素早い対応で、適切な進出先の見極めを行うことが重要」と話す。

 中国EC進出を検討する企業からは、「W11(独身の日)のような中国ECの大型ショッピングイベントに参戦したい」という問い合わせが寄せられることが多い。中国ECでは、11月11日のW11以外に、3月8日の「女王節」、6月18日の「618」、12月12日の「W12」など、1年中何らかのイベントが開催されている。当社でもイベントに参戦し支援を行っている。
 ただ、現在中国の大手ECプラットフォームはレッドオーシャン化しているため、進出には注意が必要だ。今年も競争が激化するだろう。まずは既存店舗に出品しテストマーケティングを行うところからスタートすることを推奨している。
 今年は動画プラットフォームの展開がさらに過熱していくだろう。中国版TikTok(ティックトック)である「抖音(ドウイン)」を筆頭に、香港市場上場企業が運営する「快手(クワイショウ)」なども急伸している。かつてのECプラットフォームと同様、成熟前の成長期に参入することで商機を得られると考えている。
 商品の魅力や物語を消費者に伝える接点を増やすため、中国の主要SNSの活用も欠かせないだろう。
 中国ECのトレンドやルールは、凄まじいスピードで変化している。近年中国では、IT企業の規制強化に注目が集まっている。一連の規制強化によって、これからは、ネット上での「個人情報保護」の取り扱いの基準などが、日本に近付いていくと見ている。国内企業が規制を過度に恐れる必要はないが、都度臨機応変に対応していくことが重要だろう。


2022年 有力EC事業者・有識者が市場を予測
List

事業者に聞く!【2022年 事業戦略】


バルクオム

CEO 野口卓也 氏 コロナ禍でも増収増益

more


アサヒグループ食品

コンシューマ事業本部 アサヒカルピス健康通販部 部長 岩崎琢也 氏 社会貢献するブランドへ

more


cotta

社長 黒須綾希子 氏 手作りキットで購入意欲かき立てる

more


ワークマン

EC事業部部長代理 加藤健 氏 アンバサダー生かし、新しい販売手法に挑戦

more


ユナイテッドアローズ

執行役員CDO 藤原義昭 氏 OMO成功の鍵はコミュニケーション

more


高島屋 

クロスメディア事業部事業部長 郡一哉 氏 EC事業部事業部長 西名香織 氏 日常使いの利用を加速

more


ルームクリップ

代表取締役 高重正彦 氏 消費者が能動的になる1年

more


タンスのゲン

常務取締役 橋爪裕和 氏 自社サイト軸に顧客接点強化

more


ストリーム

代表取締役社長 齊藤勝久 氏 SDGs背景にリユース事業拡大

more


有識者に聞く!【2022年 EC市場展望】〈資材調達難〉


shizai

サプライチェーン責任者 岡本大祐氏 氏 商品ジャンルに関わらず、資材の値上げが予想

more


いろは

経営コンサルタント 竹内謙礼 氏 価格高騰でECは競争激化

more


有識者に聞く!【2022年 EC市場展望】〈OMO〉


さくら

代表 仲庭拓也 氏 生き残りをかけた4つの戦略

more


有識者に聞く!【2022年 EC市場展望】〈越境EC〉


BEENOS

CEO 直井聖太 氏 ”物流”懸念継続もチャンスは依然拡大

more


キレイコム

社長 上田直之 氏 コミュニティー活用広がる

more


ワサビ

代表 大久保裕史 氏 環境整備進み挑戦が容易に

more


有識者に聞く!【2022年 EC市場展望】〈メタバース〉


〈メタバース〉一般社団法人 ジャパンEコマースコンサルタント協会

代表理事 川連一豊 氏 22年はメタバースEC元年

more


HIKKY

代表 舟越靖 氏 「体験」前面に活用広がる

more


有識者に聞く!【2022年 EC市場展望】〈動画コマース〉


サムライパートナーズ

プロモーション事業部長 青木康時 氏 インフルエンサーD2Cが新マーケに

more


有識者に聞く!【2022年 EC市場展望】〈コンプライアン〉


東京神谷町綜合法律事務所

弁護士 成眞海 氏 特商法違反の摘発が増える

more


Page Topへ