2020年EC市場展望

マーケティング

アグザルファ 

代表取締役社長 比良益章 氏 「アマゾン外でのPR」など五つがポイント

 アマゾン出品サービスに特化したコンサルティングサービスを提供するアグザルファ(本社東京都)の比良益章社長は、「19年のアマゾンでは、『アマゾン外部からの流入施策』や『音声ショッピングの浸透』など五つの事柄が、出品事業者に大きな影響を与える」と予測している。


 19年のアマゾンでは、次の五つのポイントが、出品者の関心事になることは間違いない。(1)アマゾン外部からの流入施策(2)音声ショッピングの浸透(3)購買体験の変化(4)アマゾン内広告の多様化(5)ポイント還元率競争の激化─の五つだ。
 グーグルの検索やSNS、動画広告など、アマゾンの外部からの、アマゾンの自社商品ページへの流入をいかに増やすかが、今後出品者にとって必須の対策となるだろう。
 音声AIの普及に伴い音声注文の件数も伸びていくだろう。音声AI「Alexa(アレクサ)」が紹介する商品は、アマゾン内で「Amazon’s Choice(アマゾンズチョイス)」として選定された商品かどうかが一つの基準となる。出品者として「アマゾンズチョイス」に自社商品が選ばれるための対策も必要になっていくだろう。
 ファッション分野を中心として、ARやVRを用いた仮装試着やビジュアルショッピングなども普及していく。Amazon側ではサイズ規格の統一を進めていくだろう。AR・VRやサイズ規格の統一によって、消費者が購入後のイメージを把握しやすくもなるだろう。返品の件数減り、購買体験が変化していくだろう。
 一方アマゾンは、アマゾン内部の広告に加えて、外部でも積極的に広告展開を行っていく。その際は、訴求力の高い動画広告が主流となるだろう。出品者はアマゾンに広告を出稿すれば、あらゆる媒体や場所で露出できるようになりそうだ。
 他のモールの強みの一つであるポイント還元企画を、アマゾンも強化していく。アマゾンがポイント還元分を一部負担することも含め、ポイント還元率自体を高めていくだろう。ポイント還元率を巡る競争も激化していきそうだ。


2020年EC市場展望
List

モール対策


アグザルファ

社長 比良益章 氏 「PB拡充」や「ライブ」が焦点

more


日本ECサービス

社長 清水将平 氏 アマゾン、ヤフーの優遇策に楽天はどう戦う

more


合同会社 さくら

代表 仲庭拓也 氏 生き残りをかけた3つの戦略

more


大都

社長 山田岳人 氏 各モールのB2B合戦進む

more


ECエバンジェリスト

 川添隆 氏 モールの変化続く、今こそ見直しが急務

more


増税の影響


いろは

社長 竹内謙礼 氏 6月駆け込みと「マイナポイント」が肝

more


消費者契約法


ECネットワーク

理事 沢田登志子 氏 規約変更の取り締まり厳しく

more


キャッシュレス


東海大学

客員准教授 小嵜秀信 氏 スーパーアプリ化の波に乗れ

more


SBペイメントサービス

常務取締役CSO 平田敏昭 氏 新ビジネスモデルに”摩擦”ない決済を

more


マーケティング


ダイレクトマーケティングゼロ

社長 田村雅樹 氏 「ブランドコンセプト」が勝敗を分ける

more


5G


空色

プロダクト開発部 部長 平松孝弘 氏 高精細画像での商品ページに慣れておくべき

more


一般社団法人 ジャパンEコマースコンサルタント協会

代表理事 川連一豊 氏 5G時代はストーリーのある商品が鍵に

more


Page Topへ