2020年EC市場展望

5G

空色

プロダクト開発部 部長 平松孝弘 氏 高精細画像での商品ページに慣れておくべき

 20年は次世代通信システム「5G(ファイブジー)」が商用化される予定だ。NTTドコモなど大手通信キャリア3社が、20年春の5G導入に向けて、プレサービスの展開を始めている。AIチャットボットなどを開発する空色(本社東京都)のプロダクト開発部部長の平松孝弘氏は、「『超低遅延』で通信ができる5G環境下では、高精細な写真や動画を使用するのが当たり前になる。8Kなどの高精細な画像や映像で商品ページを作ることに慣れておく必要がある」と話す。

 ECや小売業界では、5Gの商業利用が期待されている。ただ、5Gを本格的に商業利用するには、基地局の設置や専用端末の普及などが必要になる。現状、大容量通信の受け手であるユーザーの端末が5Gに対応していないのだ。5Gが一般的に利用されるようになるには、3~10年の期間がかかるとみられている。
 ただ、3Gや4Gが瞬く間に標準化したように、5Gも間違いなくデフォルトになる。スマホのほかに、パブリックビューやウェアラブル端末、街頭のサイネージなど、生活のあらゆる面に5Gは溶け込み普及していくだろう。
 EC事業者としては、まだ商業利用が一般的でない今の時期から、高精細な写真や動画の取り扱いについて十分な検討をしておく必要がある。
 5G環境下では、現在の4Gの約100倍の速さのデータ通信が可能になるため、商品ページの写真で質感まで表現できるようになる可能性がある。
 画像だけでなく、ユーチューブを中心とした動画メディアの有効活用も積極的になるだろう。商品そのものを見せるだけでなく、商品を生産する現場などを、よりリアルに身近に表現していくことで、顧客の心をつかんでいくことも可能になるはずだ。
 ただ、物事には必ず反面が生まれる。5G到来により、新たな問題が発生すると考えられる。それは、膨大なデータを扱うためのコストと、それを統率・制御する機構とセキュリティーの問題だ。今から検討しても早すぎることはないだろう。


2020年EC市場展望
List

モール対策


アグザルファ

社長 比良益章 氏 「PB拡充」や「ライブ」が焦点

more


日本ECサービス

社長 清水将平 氏 アマゾン、ヤフーの優遇策に楽天はどう戦う

more


合同会社 さくら

代表 仲庭拓也 氏 生き残りをかけた3つの戦略

more


大都

社長 山田岳人 氏 各モールのB2B合戦進む

more


ECエバンジェリスト

 川添隆 氏 モールの変化続く、今こそ見直しが急務

more


増税の影響


いろは

社長 竹内謙礼 氏 6月駆け込みと「マイナポイント」が肝

more


消費者契約法


ECネットワーク

理事 沢田登志子 氏 規約変更の取り締まり厳しく

more


キャッシュレス


東海大学

客員准教授 小嵜秀信 氏 スーパーアプリ化の波に乗れ

more


SBペイメントサービス

常務取締役CSO 平田敏昭 氏 新ビジネスモデルに”摩擦”ない決済を

more


マーケティング


ダイレクトマーケティングゼロ

社長 田村雅樹 氏 「ブランドコンセプト」が勝敗を分ける

more


5G


一般社団法人 ジャパンEコマースコンサルタント協会

代表理事 川連一豊 氏 5G時代はストーリーのある商品が鍵に

more


Page Topへ