【楽天市場向け神ツール】 壬生浪〈「LINEマーケティング2.0」〉/LINEで購入まで完結/顧客ごとのアンケート機能も

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

サービスについて説明する前川社長

 ECや店舗のコンサルティングを行う壬生浪(ミブロ、本社愛知県、前川直士社長、(電)052―462―6069)は20年10月、LINEで顧客情報の収集から購入までを完結できるツール「LINEマーケティング2・0」の提供を開始した。アンケート機能でキーワードを集約し、よりセグメント化されたマーケティングを可能にするとしている。
 「LINEマーケティング2.0」は、EC事業者などが提供している公式LINEアカウントのランディングページ(LP)からECサイトやホームページへの訪問やクリック数などの顧客情報を集約して管理できるのが特徴だ。
 LPを経由してECサイトでどの商品を購入したなどの情報だけでなく、商品ページ、口コミ、イベント情報などをどれだけ閲覧しているかを時間単位で集約する。
 最大の強みにしているアンケート機能では、顧客が性別、年齢、地域、職業などを入力することで、それに合わせたコンテンツや商品情報を自動で発信できる。
 ゴルフ用品を販売するEC事業者の場合、年齢やゴルフ歴、スコアを入力することでその顧客に合わせたゴルフクラブやウェアなどの情報の通知が可能になるとしている。
 発信したページへのクリック数や訪問履歴だけでなく、アンケートで収集した顧客情報をもとに、ネット広告の作成への活用もできるという。月額22万円からサービスを導入ができる。
 前川社長は、「新型コロナウイルスの感染拡大により、20年はECの需要が大幅に伸びた。新規でECに参入する事業者が増える中で、簡単にデジタル化とマーケティングができるツールの重要性が増している。21年はECを中心に物販への導入を図っていく」と話す。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

楽天市場向け神ツール 特集記事
List

Page Topへ