【楽天市場向け神ツール】 アイル〈一元管理ASP「クロスモール」〉/コロナ禍のニーズに対応/連携の幅、自動化機能が支持

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

本守崇宏CROSS事業部マネージャー

 アイルが提供する複数ネットショップの一元管理ASPサービス「CROSS MALL(クロスモール)」は、コロナ禍におけるEC企業のニーズに対応した機能提供により、導入店舗数を伸ばしている。モールやカートとの連携の幅が広く、新規参入やチャネル拡大を図る企業の要望に対応できている。受注や出荷の自動化機能も磨きをかけており、スタッフの手間を省くことができる点も好評だ。
 「クロスモール」は商品登録や在庫管理、受注管理など複数ネットショップの運営業務を一元管理できるクラウドサービス。ECモールでは「楽天市場」「アマゾン」「ヤフーショッピング」などの大手モールはもちろん、ファッションECモールである「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」「SHOPLIST(ショップリスト)」「MAGASEEK(マガシーク)」などにも対応している。
 カートシステムにおいても「MakeShop(メイクショップ)」「カラーミーショップ」「futureshop(フューチャーショップ)」などの主要サービスだけでなく、グローバルサービスである「Shopify(ショッピファイ)」や、導入ハードルの低い「BASE(ベイス)」などにも対応している。
 「コロナ禍でECに参入してきた事業者さまが導入するカートにもしっかり対応している。大手企業さまがECのチャネルを拡大する際に出店するECモールもほとんど対応できる。大手企業さまが自社開発によるコストや導入までにかかる時間を考慮し、すぐに導入できる『クロスモール』を選ぶケースも増えた」(本守崇宏CROSS事業部マネージャー)と話す。
 多モール展開する際に在庫をモールの物流サービスに保管するケースも増えている。「クロスモール」は複数の物流拠点に対応でき、自動で出荷指示を振り分けることが可能。倉庫管理システム「ロジザードZERO」や大手物流サービスとも連携しており、自社ECサイトの出荷処理の自動化を実現できる環境を整えている。
 「自動化機能や外部サービスとの連携を強化してきたことで、コロナ禍で注文が増えているEC事業者さまの労力削減に貢献できている。クラウドサービスのため、導入店舗のスタッフが在宅で業務を行うこともできる」(同)と話す。
 コロナ禍でも休まず働くバックヤード業務のスタッフに感謝の気持ちを込めた動画「THANK YOU’BACKYARD.2020(サンキューバックヤード)」も制作した。
 「コロナ禍でも当たり前のように注文した商品が届くが、それは目には見えないバックヤードのスタッフの頑張りがあってのこと。多くの人にそのことを理解してもらいたいという気持ちと、ECを支えるバックヤードへの感謝の気持を伝えるために動画を制作した」(同)と話す。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

楽天市場向け神ツール 特集記事
List

Page Topへ