2019年EC市場展望

現実味増す、AI活用

空色 

代表取締役 中嶋洋巳 氏 多様な接客データの一元管理進む

 チャットを中心としたデジタル接客を手掛ける空色(本社東京都)は、過去460万人以上の顧客をチャットで接客した実績を持つ。現在は、大手総合通販やアパレルなどの小売企業のチャットボットの構築と運用も行っている。同社の中嶋洋巳社長に、顧客対応におけるビッグデータ活用の19年の動向について聞いた。


 19年のEC業界では、各企業がこれまで蓄積してきた、顧客に関するデータの本格的な活用が始まっていくだろう。メール、ウェブ、チャット、実店舗など、個々の顧客とのあらゆるコミュニケーションの中で、データを一元的に管理・活用し、タイミングに応じた情報をアウトプットする流れができるのではないか。
 大手を中心とした企業は現在、AIによるチャット対応を進めている。ただ、チャット対応を行う上での目標設定や、会話のシナリオ設計に苦慮する事例が増加している。各企業が蓄積している、コールセンターの録音データをうまく活用できず、AIの学習が進まないという印象だ。
 19年は先行してAI化に着手してきた企業が中心となり、さまざまなチャネルでのデータ活用が進むだろう。特にリアルとデジタルの融合が加速する。ECサイトの顧客情報を基に、来店中の顧客に対して、チャットによるデジタル接客で、商品提案や問い合わせ対応が進むだろう。当社はこれまで、4000万件以上のチャット対応をしてきた実績がある。このデータを基に効果的な学習が可能なチャットボットを提供している。需要の増加に向けサービスの拡充を進める予定だ。


2019年のEC市場展望
List

現実味増す、AI活用


一般社団法人 日本イーコマース学会 

副理事長 中島成浩 氏 人がやるべきは「心を動かす」「未来を作る」

more


協和 

情報戦略グループIT化推進2チーム チーム長 針金一平 氏 AI運用本格化、商品提案に生かす

more


トランスコスモス

会長兼CEO 船津康次 氏 データ分析と活用に注力

more


りらいあデジタル 

社長 向川啓太 氏 省略化・自動化は大きなテーマ

more


業務自動化・効率化


AIGATE 

代表取締役 竹尾昌大 氏 外注を使いこなせない企業は衰退する

more


一般社団法人 ジャパンEコマースコンサルタント協会 

代表理事 川連一豊 氏 業務効率化の3つのポイント

more


興隆続く越境EC


スターフィールド 

代表取締役 星野翔太 氏 越境ECは多様化のフェーズに

more


ECMSジャパン 

代表取締役 小松英樹 氏 越境EC促す中国の新政策

more


ペンシル 

代表取締役社長COO 倉橋美佳 氏 20年に向けて急成長するアジア各国

more


東海大学 

客員准教授 小嵜秀信 氏 19年はニューリテール元年

more


天真堂 

代表取締役CEO 児玉和之 氏 中国・越境取引の転機の年に

more


広がるキャッシュレス決済


SBペイメントサービス 

常務取締役兼CSO 平田敏昭 氏 より多様な決済手段の導入を

more


ビジョナリーホールディングス 

執行役員 デジタルエクスペリエンス事業本部 事業本部長 川添隆 氏 購買体験としての決済が広がる

more


ECモールの動向と対応


大都 

代表取締役 山田岳人 氏 小売業の淘汰進みD2C企業が拡大

more


いつも. 

グローバルEC事業部 部長 立川哲夫 氏 メーカーの参入、アマゾン広告に注目

more


さくら 

代表 仲庭拓也 氏 生き残るための4つの提案

more


アグザルファ 

代表取締役社長 比良益章 氏 「アマゾン外でのPR」など五つがポイント

more


日本ECサービス 

代表取締役 清水将平 氏 モール間のポイント還元争いが過熱

more


リピートECのマーケティング


ビーボ 

代表取締役社長 武川克己 氏 短期的な売上を追う企業は苦境に

more


売れるネット広告社 

代表取締役社長 加藤公一レオ 氏 規制強化で大手と中小に差

more


消費増税の影響はいかに


いろは 

代表取締役 竹内謙礼 氏 消費増税はEC業界にプラスか

more


自動化進む次世代物流


ダイワロジテック 

代表取締役社長CEO 秋葉淳一 氏 低価格ロボットで効率化進む

more


どうなる、ライブコマース


Candee 

上席執行役員 鍛治良紀 氏 SNS感覚で運用始まる

more


STARP 

代表取締役CEO 渡邊裕馬 氏 継続企業が花開く1年

more


Page Topへ