2020年EC市場展望

モール対策

空色 

代表取締役 中嶋洋巳 氏 多様な接客データの一元管理進む

 チャットを中心としたデジタル接客を手掛ける空色(本社東京都)は、過去460万人以上の顧客をチャットで接客した実績を持つ。現在は、大手総合通販やアパレルなどの小売企業のチャットボットの構築と運用も行っている。同社の中嶋洋巳社長に、顧客対応におけるビッグデータ活用の19年の動向について聞いた。


 19年のEC業界では、各企業がこれまで蓄積してきた、顧客に関するデータの本格的な活用が始まっていくだろう。メール、ウェブ、チャット、実店舗など、個々の顧客とのあらゆるコミュニケーションの中で、データを一元的に管理・活用し、タイミングに応じた情報をアウトプットする流れができるのではないか。
 大手を中心とした企業は現在、AIによるチャット対応を進めている。ただ、チャット対応を行う上での目標設定や、会話のシナリオ設計に苦慮する事例が増加している。各企業が蓄積している、コールセンターの録音データをうまく活用できず、AIの学習が進まないという印象だ。
 19年は先行してAI化に着手してきた企業が中心となり、さまざまなチャネルでのデータ活用が進むだろう。特にリアルとデジタルの融合が加速する。ECサイトの顧客情報を基に、来店中の顧客に対して、チャットによるデジタル接客で、商品提案や問い合わせ対応が進むだろう。当社はこれまで、4000万件以上のチャット対応をしてきた実績がある。このデータを基に効果的な学習が可能なチャットボットを提供している。需要の増加に向けサービスの拡充を進める予定だ。


2020年EC市場展望
List

モール対策


アグザルファ

社長 比良益章 氏 「PB拡充」や「ライブ」が焦点

more


日本ECサービス

社長 清水将平 氏 アマゾン、ヤフーの優遇策に楽天はどう戦う

more


合同会社 さくら

代表 仲庭拓也 氏 生き残りをかけた3つの戦略

more


大都

社長 山田岳人 氏 各モールのB2B合戦進む

more


ECエバンジェリスト

 川添隆 氏 モールの変化続く、今こそ見直しが急務

more


増税の影響


いろは

社長 竹内謙礼 氏 6月駆け込みと「マイナポイント」が肝

more


消費者契約法


ECネットワーク

理事 沢田登志子 氏 規約変更の取り締まり厳しく

more


キャッシュレス


東海大学

客員准教授 小嵜秀信 氏 スーパーアプリ化の波に乗れ

more


SBペイメントサービス

常務取締役CSO 平田敏昭 氏 新ビジネスモデルに”摩擦”ない決済を

more


マーケティング


ダイレクトマーケティングゼロ

社長 田村雅樹 氏 「ブランドコンセプト」が勝敗を分ける

more


5G


空色

プロダクト開発部 部長 平松孝弘 氏 高精細画像での商品ページに慣れておくべき

more


一般社団法人 ジャパンEコマースコンサルタント協会

代表理事 川連一豊 氏 5G時代はストーリーのある商品が鍵に

more


Page Topへ