2020年EC市場展望

モール対策

一般社団法人 日本イーコマース学会 

副理事長 中島成浩 氏 人がやるべきは「心を動かす」「未来を作る」

 アウトドアECを立ち上げ、株式上場まで果たした中島成浩氏は現在、日本イーコマース学会の副理事長を務めている。同学会はEC事業におけるAI活用も研究テーマとしている。中島氏にAIが単純作業を担う時代において人がやるべき仕事について聞いた。

 現在のAIの中核技術であるディープラーニングは人の脳神経細胞をモデルとしているが、人の脳細胞の数が100億個以上といわれているのに対し、現在の集積回路のトランジスタ数はまだ7億個程度なので、せいぜい犬猫程度ではないかと考えられる。
 しかし、犬猫程度の知能であっても簡単な受注処理を行ったり、適正な在庫数を計算して発注したり、簡単なメールの問い合わせにテンプレート返信したりする程度の仕事はこなせる。最終的にはマニュアル化が可能な仕事はほとんどがAIに置き換わると思う。
 ECに関わる作業のほとんどがAIに置き換わるとすると、現在その作業に関わっている人はどうすればいいのだろうか。AIを仕事の良きパートナーとして活用し、自らは人でなければできない仕事に集中することが必要になる。
 人でなければできない仕事とは何か。まず一つは、「人の心を動かす」ことだろう。あらゆる商売の基本は、商品やサービスによって価値を提供することにある。価値を感じるのは一人一人の心なので、いかにその心を動かすのかが重要だ。心を動かすことができるのは心を持っている人だけ。AIに心はない。
 もう一つは、「未来を作る」ということだ。AIに任せる仕事というのは、そのほとんどが過去に発生した事象のための仕事。注文が来たから受注処理する、問い合わせが来たから対応する、在庫がなくなったから発注する。一つの事象について全てルール化、マニュアル化が可能なのでAIでもこなせる。
 新しい商品を開発しよう、新しい顧客を開拓しよう、来年は工夫して2倍売ろう、利益を上げるためにコストダウンしよう、これらは人が決断して初めて成り立つ。決断するとはつまり、「未来を作る」こと。AIは過去のデータから示唆はするが、決断をするのは人だ。AIが人を差し置いて決断するのはSF映画の中だけだ。


2020年EC市場展望
List

モール対策


アグザルファ

社長 比良益章 氏 「PB拡充」や「ライブ」が焦点

more


日本ECサービス

社長 清水将平 氏 アマゾン、ヤフーの優遇策に楽天はどう戦う

more


合同会社 さくら

代表 仲庭拓也 氏 生き残りをかけた3つの戦略

more


大都

社長 山田岳人 氏 各モールのB2B合戦進む

more


ECエバンジェリスト

 川添隆 氏 モールの変化続く、今こそ見直しが急務

more


増税の影響


いろは

社長 竹内謙礼 氏 6月駆け込みと「マイナポイント」が肝

more


消費者契約法


ECネットワーク

理事 沢田登志子 氏 規約変更の取り締まり厳しく

more


キャッシュレス


東海大学

客員准教授 小嵜秀信 氏 スーパーアプリ化の波に乗れ

more


SBペイメントサービス

常務取締役CSO 平田敏昭 氏 新ビジネスモデルに”摩擦”ない決済を

more


マーケティング


ダイレクトマーケティングゼロ

社長 田村雅樹 氏 「ブランドコンセプト」が勝敗を分ける

more


5G


空色

プロダクト開発部 部長 平松孝弘 氏 高精細画像での商品ページに慣れておくべき

more


一般社団法人 ジャパンEコマースコンサルタント協会

代表理事 川連一豊 氏 5G時代はストーリーのある商品が鍵に

more


Page Topへ