【ナカの”ヒト”】 〈ジュン EC事業統括情報システム室 ロジスティクス部 取締役執行役員 中嶋賢治氏〉/OMO推進で離職率低減にも注力

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

取締役執行役員の中嶋賢治氏

 アパレル大手のジュン(本社東京都、佐々木進社長)で、EC事業やOMO(オンラインとオフラインの融合)の陣頭指揮を執る取締役執行役員の中嶋賢治氏は、コロナ禍でオンラインでのサービス向上を図るだけでなく、デジタルの力を活用し、販売スタッフの離職率低減にも取り組んでいる。
 ジュンはコロナ禍にEC売り上げを伸ばし、EC化率が30%に達している。2年後にはEC化率を40%まで高める計画だ。OMOを推進するためにOMO研究会を立ち上げ、実店舗とECの連携を進めている。
 「当社のように全国に店舗を持つ企業の自社ECサイトは、リアル店舗と親和性を高くし、境目なくサービスを提供できるかが鍵となる。実際、ECサイトには9人のスタッフを配置し、チャットで接客している。店舗での接客経験を持つスタッフが、ライフスタイルの変化により、

(続きは、「日本ネット経済新聞」9月23日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

ここがターニングポイント! 連載記事
List

Page Topへ