【特集 ECに役立つサイト内検索支援】ナビプラス「NaviPlusサーチ」/180超のECサイト導入/導入前後のサポートが好評

 EC支援のナビプラス(本社東京都、篠寛社長、(電)03―5456―8017)が提供するサイト内検索エンジンは、ECに特化したサイト内検索エンジンとしてはトップクラスの導入実績を誇る。三越伊勢丹やオルビス、集英社、ゴールドウィン、花キューピットなど180以上のECサイトに導入している。
 サイト内検索の精度やユーザビリティーを最適化するための豊富な機能に加え、6カ月間で20以上の機能をバージョンアップするなど、サービス力向上への投資を強化している。さらなる顧客ニーズに応えるため、現在、パーソナライズ検索の機能開発を進めている。

■転換率が25%増

 高い機能性に加えて、導入前後の手厚いサポートも好評だという。導入前の要件定義やコンサルティング、導入後のチューニングをサポートしている。
 レコメンドエンジンやレビュー投稿エンジン、カゴ落ちメール配信エンジンなども提供している同社は、システムの提供だけにとどまらない。「導入成果」にコミットし、転換率改善や売り上げ拡大を実現するため、システムの活用策を提案している。
 「ある導入企業では、検索ワードが商品マスタに登録されていないため、検索結果が0件になってしまうケースがあった。0件ヒットのキーワードログを解析し、類義語も洗い出して登録。こうしたチューニングにより、キーワード検索後の離脱率は8.5%減り、転換率は25%向上した」(セールス&マーケティング部・上仲徹氏)と話す。導入を検討しているEC事業者には、サイトの検索機能の活用度を診断するサービスや、同社が調査したEC各社の「サイト内検索の活用状況」が分かるレポートなどを無料で提供している。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ