【Eコマース業界地図 「CRM編」特集】 シナジーマーケティング〈「Synergy!」〉/ツールから運用まで/CRMを一気通貫で支援

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

UX本部マーケティング部・内田純矢部長

 システム開発を行うシナジーマーケティング(本社大阪府、田代正雄社長)は、クライアントがCRMサービスを提供する中で直面する悩みを解消するべく、アウトソーシングサービスを提供している。会員情報の分析や、ウェブアクセスの解析なども、アウトソーシングサービスとして提供できるという。同社独自のCRMツールとともに利用すれば、顧客関係管理を同社に一気通貫で任せることも可能だ。
 同社では、主力のCRMツールとして、メール配信や顧客情報の一元管理ができるクラウド型CRMシステム「Synergy!(シナジー)」を提供している。通販事業者など2000社以上に導入されており、同社売上高の8割以上を占めているという。
 ただ、「『シナジー』だけでは、他社のCRMツールとの差別化が難しい」(UX本部マーケティング部・内田純矢部長)のだと言う。「お客さまからは『ツールを使いこなせない』『他の業務もありCRM施策に時間を割くゆとりがない』といった悩みの声が寄せられることも多い。こうした声を受けて、『シナジー』を立ち上げた2000年代前半から、CRM施策に関するアウトソーシングサービスの提供も行っている」と説明する。
 「特に衣料品のECを展開する事業者は、ツールの運用に行き詰まるケースが多い」(同)のだという。「CRMにおいて、『ハード』ともいえる、CRMツールの提供にとどまらず、『ソフト』である人的支援も積極的に行うことにより、顧客満足の向上につなげている」(同)と話す。
 同社では、広告運用からウェブサイトの制作まで幅広いアウトソーシングサービスを提供している。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Eコマース業界地図 「CRM編」 特集記事
List

Page Topへ