【今週の初登場】 〈ウィンライフ・ジャパン〉アクティブ会員1万人に

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

主力商品「木木(モクモク)と・ハーブトリートメント」

 へナを原料に用いたヘアカラーリング剤のネットワークビジネス(NB)を展開するウィンライフ・ジャパン(本社東京都、中野高照社長)は11年に創業し、アクティブ会員数1万人の規模に成長している。全体の9割は愛用者だという。
 主力商品はヘアカラーリング剤の「mokumokuto herbtreatment(モクモクト・ハーブトリートメント)」、希望小売価格1万800円(税込)。頭髪のカラーリングに用いる商材ということもあって、美容師の会員が多いという。月に一回程度、全国各地でセミナーを開催している。毎回、約30人が参加する。これまで、北海道や福岡県、大阪府などで開催してきた。
 現在は、広島県在住の会員が多く、大阪府、徳島県でも会員数が増えているという。女性が会員の大半を占めている。リーダー会員らが3県に在住しているのが要因としている。
 また、会員主催の講習会を、会員が経営している美容室などで月に二回のペースで開催している。1回で約10人が参加し、商材の知識を深めている。登録したダウンラインの勧誘活動のサポートも充実させている。
 中野社長は「今後、商品のお試しなどを強化し、より多くの人に製品を知ってもらえる機会を増やしていきたい」と意気込んでいる。


〈企業データ〉
 創業 2011年
 代表 中野高照社長
 商材 ヘアカラーリング剤
 報酬プラン ステアステップ
 電話 03―6661―2855

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

今週の初登場 連載記事
List

Page Topへ