【Eコマース業界地図「越境EC編」】PICK UP!注目サービス/いつも./中国2大モール出店支援/90人体制で集客・運営も

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 EC運営代行を行ういつも.(本社東京都、坂本守社長、(電)03―4580―1365)は、中国の2大越境ECモール「天猫国際(Tモールグローバル)」「JDworldwide(ジェーディーワールドワイド)」の双方の出店を支援する。出店から集客、運営代行まで国内外合わせて90人体制でサポート。最近は、中国進出と並行して米国や台湾向けの越境ECも支援している。
 中国越境ECにおける事前調査から出店計画、出店申請、サイト翻訳、運営代行、チャット接客対応、物流支援までトータルでサポートしている。日本や中国に90人規模の支援体制を整えている。
 昨年から連携を強化している「JDworldwide」では、国内の化粧品やベビー関連の大手企業の出店と売り上げ拡大を支援。今年に入り、中国最大のフラッシュセールサイト「唯品会(VIP.com)」へ販売提案も行い、クライアントに応じて最適な出店先もアレンジしている。
 日本を窓口として「中国の2大越境ECモールの出店や運営を90人体制で支援できるのは当社ぐらいだと思う。モールの仕組みやプロモーション、現地の顧客対応などに精通した現地スタッフが販売をサポートする」(事業推進部部長兼グローバルEC戦略担当・立川哲夫氏)と話す。
 商材や企業の戦略によっては、越境ECだけでなく中国本土に現地法人を設立し、中国国内でのEC販売支援も行う。
 さらに台湾への越境ECや本格進出を支援する体制も整えている。中国で販売する前に、台湾でテストマーケティングしたいというニーズも高いという。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。


Eコマース業界地図 「越境EC編」 特集記事
List

Page Topへ