【成長支える”敏腕”サービス】 〈後払い決済〉ライフティ/顧客の回収業務を支援/未回収代金買い取りサービス提案

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 後払い決済をはじめ、総合金融サービスを提供するライフティ(本社東京都、馬場智社長、(電)03—6732—1450)は、ECの一般顧客や法人向けの売掛債権(未収債権も可)を買い取る「ファクタリング」の提案を始めた。
 EC企業などが顧客へ販売した商品代金(BtoC)や企業からの仕入れ代金(BtoB)の期日未到来および期日経過済み債権をライフティが買い取り、早期の資金化や債権管理業務軽減につなげることができる。
 手数料は買取債権内容によって異なる。


■後払い決済サービス「WEぶんかつ」を提案

 ライフティは後払い決済サービス「WE(ウェ)ぶんかつ」をEC企業に提案している。土日も営業しており、与信のスピードが早いことも強み。
 特にブランド品や宝飾品など、高額な商品を取り扱う店舗にとっては、ユーザーがクレジットカードを持っていなかったり、カードの利用枠が限度額に達している場合の機会損失を最小限に抑えることができる。
 従来のような紙ベースの申し込み書面は必要なく、タブレットを利用して申し込みを行う。専用の申し込みフォームに必要事項を入力する形で業務フローを電子化した。
 これまで書類などで取り交わしていた契約業務をペーパーレス化することで、業務の効率化が図れるだけでなく、セキュリティー面の向上も実現していく。
 ユーザーがウェブで申し込み情報を入力するとライフティに申し込み通知が送られる。与信確認が取れた後、ライフティがユーザーに電話確認を行っていく。
 口座振替手続きについても紙は使わず、銀行の届出印も不要。決済金額の上限も比較的大きいため、高額商品の販売機会を拡大できそうだ。
 商品購入者から手数料を徴収するビジネスモデルであり、「購入者への手数料は業界水準と同等に設定にしている」(同社)と話している。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。


成長支える”敏腕”サービス 特集記事
List

Page Topへ