【Eコマース業界地図 「転換率向上サービス編」】 プレイド/アプリでも接客可能に/「KARTEforApp」提供

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

ウェブとアプリで横断的にコミュニケーションできる

 ウェブ接客プラットフォームを提供するプレイド(本社東京都、倉橋健太社長、(電)03—4405—7597)は3月19日、スマホアプリ向けのコミュニケーションサービス「KARTE for App(カルテ・フォー・アップ)」の提供を開始した。ウェブブラウザーだけでなく、アプリでもコミュニケーションを図ることができる体制を整えた。
 同社はウェブブラウザーやメール、LINEなどで接客のためのコミュニケーションができるプラットフォーム「カルテ」を提供している。今回の新サービスにより、アプリでもコミュニケーションを図ることができるようになった。
 新サービスではアプリ内のユーザーをリアルタイムに解析し、行動に応じて接客施策を実行できる。プッシュ通知を発信したり、アプリ内でメッセージを表示したりすることも可能。
 ウェブサイトに「カルテ」を導入している場合は、共通の管理画面でウェブとアプリのユーザー行動データを解析できる。横断的に管理することで、チャネルをまたいだコミュニケーションも可能だという。

関連リンク・サイト

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ