【カタログから分析 通販会社調査隊】150 ヤッホーブルーイング「よなよなと、」/取りこぼし防止にカタログ活用

 クラフトビールのECサイト「よなよなの里」を運営するヤッホーブルーイング(本社長野県、井手直行社長)は、通販カタログ「よなよなと、」を発行している。
 「よなよなと、」はA4判で10ページほどの小冊子。商品紹介をメインとしており、カタログの発行部数は約1000部だという。希望者のみに配布している。同社では、カタログを用意する狙いについて、「ネットでカバーしきれない層の取りこぼし防止が目的」(家住泰裕通販事業責任者)と説明している。
 「当社のビールは、『父の日』ギフトとして購入していただけるケースが多い。既存のユーザーからご家族にプレゼントしていただけることがある」(同)と言う。「ギフトを受け取った人に当社のビールを気に入っていただき、リピートを希望してもらえるケースも少なくない。

(続きは、「日本流通産業新聞」5月18日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

カタログから分析 通販会社調査隊 連載記事
List

Page Topへ