【食品通販支援】 コスモス・ベリーズ/在庫なしで既存顧客に家電の提案/ヤマダ電機店頭で展示会も可能

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

既存顧客をヤマダ電機の店舗に招待し、ショールームとしても活用できる

 ヤマダ電機の100%子会社でボランタリーチェーンを展開するコスモス・ベリーズ(本社愛知県、三浦一光会長、(電)052—774—2641)は食品宅配・通販企業向けに、月1万円の会費で在庫を持たずにナショナルブランドの家電製品を安定的に仕入れることができる事業を展開している。仕入れが可能な商品は、国内メーカーや海外メーカーの家電全般。仕入れの量に関係なく、均一価格で幅広いアイテムが仕入れることができる。
 加盟店は「テックランド」から直接仕入れる「直取り」を利用すれば、急な仕入れにも対応できるため顧客満足度の向上につながる。大型家電品の場合、配送から据え付け工事まで対応できるサービスも提供しており、人気が高いという。
 既存顧客をヤマダ電機の店舗に招待し、ショールームとして活用したり、イベント会場として商談の場にも活用できる。
 今年7月には、長野県の加盟店「JA松本ハイランド」(所在地長野県)が「テックランドアイシティ松本店」で、既存の組合員を集めた「特別ご招待会」を開催し、目標の150%を達成、447万円を売り上げた。
 大きな実績に繋がるポイントは、量販店の豊富な品揃えから選ぶ満足感と安心価格をあげる。
 加盟店向け情報ツール「ふれあいPad」は、顧客先での商談に役立つ情報端末として機能している。さらに「家電プロPad」の専用サイトでは、中小メーカーによるこだわりの商品情報を詳しく紹介している。「商品を使用した顧客の声」「修理情報」など家電に必要な情報も発信している。
 コスモス・ベリーズでは「食品宅配や通販企業で、展示会販売を通じて顧客接点を持ち、既存顧客の掘り起こしの施策として活用してもらいたい」と話している。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ