【青汁特集】 競合品多い市場で求められる差別化

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 健康食品の中でも根強い人気を誇るのが「青汁」。通販など無店舗販売でも、さまざまなコンセプトの青汁が販売されており、人気を集めている。青汁商品が増えるなか、ますます求められるようになっているのが「差別化」だ。青汁の場合、「味」「色」「食感」「品質」「機能性・エビデンス」「有機JAS」「配合素材」など多様な差別化のポイントがある。競合品が多い市場の中で、順調にシェアを拡大していくためには、自社の販売方法とマッチした訴求点を持つ青汁を開発する必要があるだろう。

(続きは、「日本流通産業新聞」10月11日号で)

■掲載企業
・宝ヘルスケア
・東洋新薬
・トヨタマ健康食品
・ミナト製薬
・日本生物.科学研究所
・九州薬品工業
・フレスコ

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。


Page Topへ