【化粧品容器】

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 化粧品のマーケティング戦略を考える際、容器の重要性を否定する人は誰もいないだろう。どんなに中身の化粧品がよいものでも、容器が貧弱なものならば、誰も見向きもしないのが現実だ。だからこそ、化粧品各社は、安くはない価格であっても、良い化粧品容器を使おうとする。化粧品容器の価値を決める要素は複雑だ。デザイン性の高さはもちろん求められるが、中身や売り方によって、「売れるデザイン」は変わってくる。化粧品容器には、中身を輝かせるような機能性も、より強く求められるようになっている。化粧品容器の大前提として「ふたの締まりが良い」「印刷ミスがない」といった品質が求められるのも当然のことだろう。化粧品各社の高度なニーズに応えられる化粧品容器供給各社の最新動向を紹介する。

(続きは、「日本流通産業新聞」6月28日号で)

■掲載企業
・グラセル
・三洋化学工業
・石堂硝子
・アドギャラリー
・エイエムジー
・ベッセル・ジャパン

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。


Page Topへ