【EC支援サービスマップシリーズ】ジオシス/モール経由で海外販売/船員担当者が販促・物流支援

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 ECモール「Qoo10(キューテン)」を運営するジオシス(本社東京都、金孝種代表、(電)050―5840―9100)は、アジア5カ国でECモール事業を展開している。ECモールのネットワークを活用した越境EC支援を本格化している。専任担当者が国内出店者のマーケティングや物流支援を行い、出店者の売り上げ拡大を支援している。
 「Qoo10」は日本をはじめ、シンガポール、インドネシア、マレーシア、香港、中国で展開しているECモールだ。
 これまでも各国のECモールをつなぐグローバルハブサイトを用意し、出店者が希望すれば自動的に海外モールに自社商品を露出できる機能を提供していた。
 越境ECの専任担当者が海外販売を希望する出店者に向けて、「どんな商品が売れるのか」「価格設定はどうしたらいいか」「物流はどうしたらいいか」などをアドバイスし、売り上げ拡大を支援するという。
 同社のECモールはシンガポールではナンバーワンのECサイトに成長しており、その他の国でも急成長している。実際に「Qoo10」を通してシンガポールで月商850万円を上げている事業者もある。
 4カ国語に対応できる独自ドメインECサイト構築サービス「Q―Store(キュー・ストア)」も提供している。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。


EC支援サービスマップシリーズ 特集記事
List

Page Topへ