楽天/大賞は「トイカメラ」/19年「おもちゃ大賞」を発表

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

大賞の「キッズトイカメラ」

 楽天は11月19日、「楽天市場」の出品アイテムの中から、魅力的なおもちゃを選出する表彰企画「楽天おもちゃ大賞2019 suppоrted by 楽天ママ割」を開催した。大賞は、マックセビス(本社中国)が開発した「キッズトイカメラ」が受賞した。
 「キッズトイカメラ」は、約1200万画素のレンズを搭載した本格トイカメラ。軽量かつ衝撃に強く、子どもが扱いやすいことも評価のポイントとなった。
 3回目の開催となる今年は、「プログラミング的思考を育むおもちゃ賞」を新設した。小学校でのプログラミング教育が20年度から必修化するためだ。親子で楽しめる絵本を対象とした「ぞっこん絵本賞」も新設した。
 今年の「トレンドおもちゃ賞には「ゆるいサステナビリティ」を意味する「ゆるサスおもちゃ」を選出した。遊びを通して、持続可能な社会作りにつながるおもちゃが対象。環境に優しい素材や丈夫さが評価された2商品が受賞した。
 「おもちゃ大賞」は、出産や育児に取り組む親世代をサポートする「楽天市場」内のプログラム「ママ割」から誕生した企画。「楽天市場」に出品されているおもちゃの中から、レビュー評価4.0点以上の商品をノミネート。一般ユーザーからの投票で絞られた商品から、実行委員が受賞商品を決定した。さらに、その中から1商品を大賞として選出した。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ