楽天モバイル/携帯は試験運用から/楽天ID必須化しサービス連携

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

楽天モバイル独自のスマホを手に説明する三木谷浩史社長

 楽天モバイルは9月6日、携帯キャリアサービスの試験提供を10月以降に開始すると発表した。10月1日から試験利用者の募集を開始。通信の安定性が確認でき次第、本格提供を開始する。利用者には楽天IDの取得を必須とし、グループのサービスとのシナジー効果を追求する。
 楽天モバイルの携帯キャリアサービスは、完全仮想化した通信ネットワークを提供することで、低価格の通信料と高速かつ安定した通信を提供できるという。利用者に安定した通信サービスを提供するため、試験運用から開始することを決めた。
 楽天の三木谷浩史社長は、「通信の安定稼働が確認できたら年内にもサービスを本格的に開始する」と話す。
 試験運用で実施する「無料サポータープログラム」では、20年3月末まで無料で通信サービスを利用できるサポーターの募集を開始する。参加者は5000人。楽天モバイル独自のネットワークを提供する東京23区や大阪市、名古屋市、神戸市に住んでいる満18歳以上を対象としている。
 楽天モバイルは携帯キャリアサービスの開始とともに通話やチャット、ファイル送信などの機能を備えたソフトウエア「Link(リンク)」の提供を開始する。さらに独自のスマートフォン端末「Rakuten Mini(ラクテンミニ)」も提供する。小型ながら非接触型ICカード技術「FeliCa(フェリカ)」を搭載している。
 楽天グループとのシナジーも推進する。携帯キャリアの利用料金は楽天スーパーポイントで支払うことも可能。IDを統一化することで、すべての楽天グループのサービスと連携を図り、相互利用を進める。

楽天IDを必須化し、グループとのシナジー図る

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ