《後払い》キャッチボール「後払い.com」/加盟店1万5000突破/「即時与信」「手厚いサポート」好評

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 キャッチボール(本社東京都、村上あらし社長、(電)03―5909―3490)が提供する後払い決済サービス「後払い.com」は、リアルタイム審査や手厚いサポート体制が好評で加盟店数は1万5000店を突破した。
 与信処理の迅速化が強みだ。14年から利用者に審査結果をすぐに返すリアルタイム与信サービスを提供。提携している一元管理システムを導入したEC事業者は、リアルタイム与信サービスをすぐに採用できる。同社のAPIを活用して、導入することも可能だ。
 カスタマーサポートも充実している。他のサービスには、土日・祝日にカスタマーサポートが稼働していないというケースが少なくないが、同社では、年末年始以外は年中無休で対応している。
 「平日が仕事の方は、土日にECを利用するケースが多い。その土日に利用者からの後払い決済に関する相談に対応することにより、顧客の取りこぼしを防ぐことができる」(村上社長)と語る。
 金額の制限なく後払い決済を利用できる点も好評だ。他のサービスの多くが利用上限を5万4000円に設定している中、利用金額に上限を設けていない。
 「ギフトで利用する際や、年末など買い物が集中する時期は、すぐに利用金額が5万4000円を超えてしまう。お客さまが後払いを使いたくても使えなければ、他のお店に行ってしまう」(同)と話している。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。


Page Topへ