ビックカメラ/原産国表示に誤り/措置命令受けサイト上で陳謝

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 ビックカメラは9月3日、運営する自社ECサイトの商品ページ内で原産国の表示に誤りがあったとして、サイト上で陳謝した。消費者庁が同日行った景品表示法違反に基づく措置命令を受けてのもの。販売する工具と酒類の一部商品で誤った原産国・地域を表示していた。

続きは「日本ネット経済新聞」の新ウェブメディアで!
下記URLから閲覧できます。

関連リンク・サイト

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ