ピーチ・ジョン/通販カタログ休刊/ECや実店舗に集中

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

休刊前、最後の通販カタログ

 ピーチ・ジョン(本社東京都、杤尾学社長)は8月26日、通販カタログ2誌を休刊すると発表した。今後、定期刊行の通販カタログは発行しない見通し。実店舗とECサイトに販売チャネルを絞り込み、顧客とのコミュニケーションを深めたい考えだ。
 通販カタログ「PEACH JOHN(ピーチ・ジョン)」「SALON by PEACH JOHN(サロン・バイ・ピーチ・ジョン)」の2誌を19年秋号で休刊する。
 88年に通販カタログ「ピーチ・ジョン」を創刊した。「元気・ハッピィ・セクシー」をテーマにランジェリーだけではなく、ファッションやライフスタイルなどの情報も提供してきた。ただ、近年は売り上げの大半をECサイトと実店舗で上げていた。
 今後は実店舗やECサイト、SNS、スマホアプリを通じた情報発信に注力する。同社のインスタグラムは19万人、ツイッターは10万人、フェイスブックは6万人のフォロワーを抱えている。LINEはお友だち数が1077万人となった。
 「SNSではアカウントの特性に合わせたコミュニケーションを図っていく。すでにインスタグラムではライブ配信を定期的に実施している。今後も時代に合わせた新たな取り組みに挑戦し、お客さまとのコミュニケーションのより良い形を追求したい」(コミュニケーションデザイン部)と話す。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ