ZOZO/類似商品をAIが抽出/検索強化し、購買率向上狙う

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

「類似アイテム検索機能」の利用イメージ

 ZOZO(ゾゾ)は8月26日、ファッションECサイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」において、閲覧商品と似ている商品を検索できる機能の提供を開始した。人工知能(AI)が類似商品を抽出する。ユーザーのニーズに合った商品との出会いを支援し、購入率向上を図る。今年を「ZOZO AI元年」と位置付け、積極的なAI活用を推進するという。
 「類似アイテム検索機能」は商品画面上にある「画像検索アイコン」をタップするだけでAIが商品の形や質感、色、柄などを認識し、類似商品を表示する。数万人のユーザーを対象に行った先行テストでは、利用者は非利用者よりも滞在時間が4倍以上長くなったという。
 サービス開始時はジャケットやトップス、パンツ、シューズなど全25カテゴリー中の主要8カテゴリーに対応した。今後、カテゴリーや対応商品数を拡充する予定だ。
 同機能は子会社のZOZOテクノロジーズが開発した。今回はAI導入の第1弾であり、今後は「ゾゾタウン」だけではなく「WEAR(ウェア)」などグループのサービスにもAIの導入を進めていく。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ