〈サッカーの国際試合 「RakutenCUP」開催〉/バルセロナ招き、2試合で7・8万人来場

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

試合前には三木谷浩史社長が選手を歓迎

 楽天は7月23日と27日、サッカーの国際試合「RakutenCUP(ラクテンカップ)」を開催した。埼玉と兵庫でそれぞれ開催した2試合の合計来場者数は7万8846人となった。楽天がスポンサーとなっているスペインの名門サッカークラブ「FCバルセロナ」を招いたことで多くの来場者を集め、楽天グループのブランディングにつなげている。
 「FCバルセロナ」は7月23日、埼玉の「埼玉スタジアム2002」で英国のサッカークラブ「チェルシーFC」と対戦した。同日は5万1126人が来場。同27日には兵庫の「ノエビアスタジアム神戸」で「ヴィッセル神戸」と対戦し、2万7720人が来場した。
 23日の試合前には、楽天カードのCMに起用している川平慈英氏のアナウンスが流れ、楽天の三木谷浩史社長が選手を歓迎。試合後の表彰式にも三木谷社長が登場し、勝利チームを表彰した。27日は両チームとも楽天がスポンサーであり、より楽天色の濃い試合となったようだ。

表彰式でも三木谷浩史社長が登場、勝利チームを表彰した

初戦の公式入場者数は5万1126人に上った

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ