楽天/復興イベントに参加/マルシェ開催、売上は寄付

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

被災地の自治体が出店

 楽天は3月10日、ショッピングモール「二子玉川ライズ」で開催された東日本大震災の復興イベントに参加した。今回で4回目の参加。被災地の特産品を販売するマルシェを実施。売り上げの一部を義援金として寄付する。
 復興イベント「東日本大震災復興応援チャリティ」において、「楽天東北体験マルシェ」を実施した。復興庁と連携し、東北三県(岩手県、宮城県、福島県)の自治体や、「楽天市場」の人気のグルメショップが参加し、計11ブースで特産品を販売した。
 売り上げの一部は、東日本大震災で親を亡くした子どもたちの高校卒業後の進学を支援するための団体「公益財団法人 みちのく未来基金」に義援金として寄付する。

VRで接客する店舗も

楽天ゴールデンイーグルスのチアリーディングチームも登場

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ