UUUM/EC事業で新展開/ユーチューバーが商品企画

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

(写真左から)松山奨執行役員、ライブ・エンタテイメントユニットの附田良徳氏、コーポレートユニットの原田瑠里氏

 クリエイターのマネジメント事業を手掛けるUUUM(ウーム)が、EC事業で新たな動きを見せている。2月2日、ウーム所属のユーチューバーが手掛けるオリジナルブランドの新商品を発売した。クリエイターの持つ影響力をEC事業に最大限生かしたい考えだ。今後、ウーム所属のクリエイターが監修する商品の展開を強化していく。
 「ゼログラビティ」は、ツイッターフォロワー数約60万人の人気ユーチューバー「すしらーめん《りく》」が手掛けるアパレルブランド。Tシャツ、パーカーの2商品をECサイト「MUUU(ムー・ドットコム)」とブランドサイトで販売している。
 ブランド告知のツイートには2200件のリツイートを含め、約2万件の反響が寄せられた。ウームのEC事業がターゲットとしているユーザーは学生。
 これまでの販売実績において、コンビニ決済が50%を占めたことから、クレジットカードを持たない若年層が購入者であることがうかがえる。
 ウームの松山奨執行役員は「インフルエンサーを起用したソーシャルコマースで世界一を狙う。今後は影響力の大きいウーム所属のインフルエンサーだけでなく、コアなファンを持つ個人も活用できるプラットフォームを提供していく」と事業展望を語る。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ