セブン&アイ・ホールディングス/VRコマース導入/バレンタインの販売促進狙う

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

店頭にいるような感覚でショッピング

 セブン&アイ・ホールディングスは1月10日、ECサイト「オムニ7」において、VR(仮想現実)技術を活用したバレンタインデー向けの特設ページを開設した。約700種類のバレンタイン商品を掲載し、店頭にいるような感覚で商品を選べるようにしている。店頭では実現できない品ぞろえと利便性を提供し、販売促進につなげたい考えだ。
 「オムニ7」内にバレンタインショップ「VALENTINE PARADISE VR(バレンタイン・パラダイス・ブイアール)」を開設した。パソコンやスマホの画面を通して、店頭の売り場で見ているような感覚で、パッケージや中身、特徴を確認しながら購入できる。1月10日から2月6日まで期間限定で販売する。
 そごう・西武やイトーヨーカドー、ロフト、セブン―イレブンなどグループの店舗の商品を横断的に閲覧できる点も特徴だ。場所や時間を選ばず、店頭の豊富な商品ラインアップを確認することが可能。商品は最寄りのセブン―イレブン店舗などで受け取ることもできる。
 VR技術はエスキュービズム(本社東京都、薮崎敬祐社長)が提供するOrangeシリーズの「VRコマース機能」を活用した。最新技術を持つベンダーと協業することにより、新たな販売方法を実現した。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ