消費者庁/インフルエンサーも指針の対象/違反した場合は措置命令の可能性も(2022年7月28日号)

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

21年11月にインスタグラムの投稿の表示で措置命令が行われた

 消費者庁はこのほど、6月29日に公表した、広告主にアフィリエイト広告の管理強化を求めるガイドラインについて、インフルエンサーマーケティングも、ガイドラインの対象であることを明らかにした。インフルエンサーが行ったPRの投稿が景品表示法に違反する表示となっていった場合、広告主が、措置命令を受け、課徴金納付命令の対象となる可能性がある。

続きは「日本ネット経済新聞」の新ウェブメディアで!
下記URLから閲覧できます(続きは、「日本ネット経済新聞」7月28日号で)

関連リンク・サイト

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ