【ミトコンドリア素材】 ミトコンドリアケア素材を一挙紹介 (2021年11月25日号)

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 ミトコンドリアを増殖したり活性化したり、何らかのケアをすることが、健康や美容につながるという認識が、徐々に広がってきている。ミトコンドリアの増殖・活性化素材も、さまざま出てきている。ミトコンドリアは、筋肉や心臓、脳など、さまざまな臓器の細胞の中に存在し、”エネルギー工場”としての役割を果たしている。ミトコンドリアをケアすることは、脳機能の改善、筋力向上、運動パフォーマンスの改善、疲労回復、ダイエットなどにもつながる可能性がある。ミトコンドリアのケアに貢献する旨のエビデンスを取得した素材を一挙に紹介する。

(続きは、「日本流通産業新聞」11月25日号で)

■掲載記事
・〈インタビュー〉三菱ガス化学トレーディング 化学品BU化学品第一部化学品第一グループ 立川智一主席/幅広い効果を発揮する「BioPQQ」
・ロンザ〈L―カルニチン素材「カルニピュア」〉/ミトコンドリアを活性化/脂肪燃焼を促進する効果を確認
・GLART〈オリゴ乳酸「LAC」〉/ミトコンドリア機能亢進を確認/機能性表示食品化に向けた取り組みも
・ニュートリション・アクト〈「オレアビータ」〉/ミトコンドリア増殖・活性化素材/ダイエット、ロコモなど幅広い分野で効果
・〈注目素材〉ミネター 古代米由来素材「ライスベリーパウダー」/ミトコンドリア活性化、血糖降下作用も確認

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ