【エイジングケア化粧品素材】 エイジングケア化粧品市場が活発化

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 エイジングケア化粧品市場の動きが活発化している。シワ改善の薬用化粧品を、多くの企業が開発できるようになったことの影響は大きい。「スキンケア化粧品でシワを改善できる」という認識が消費者に広がっている。ナイアシンアミドやヘパリン類似物質などを配合した化粧品も、多くの会社が開発できるようになった。幹細胞培養液化粧品も引き続き人気だ。エビデンス豊富な、フラーレンやプラセンタなども根強い人気を誇っている。消費者にとって、エイジングケア化粧品の選択肢の幅は広がっている。消費者に選ばれる化粧品にするためには、より一層の差別化が求められていると言えそうだ。

■掲載記事
・岩瀬コスファ〈「セリンケージ」「ドーナジー」〉/ユニークなコンセプトを持つ2原料
・〈インタビュー 注目OEM企業〉ミリオナ化粧品 阪本雅哉社長/大阪新工場の稼働準備進め、生産力拡大へ
・一丸ファルコス〈「ベビコラ」「ハピクロ」「アデプルン」〉/新素材3品を発売
・〈インタビュー〉ビタミンC60バイオリサーチ 林源太郎社長/トータルアンチエイジング素材のフラーレンを訴求
・〈インタビュー〉東洋ビューティ 久間將義執行役員研究開発本部副本部長/「安心・安全と効果の両立」を目指すべき
・〈インタビュー〉セントラル・コーポレーション 笹山博史社長/「臍帯血由来」幹細胞培養液の「GDF11」に注目
・〈インタビュー〉薬師堂 高橋光晴取締役/肌本来の力引き出すことを推奨
・〈インタビュー 「バージンプラセンタエキス」を提案〉佳秀工業 ヘルスケア事業部 寺本充寛常務取締役ヘルスケア事業部長/「バージンプラセンタエキス」の進化を加速
・ニュートリション・アクト〈キャッツクロー熱水抽出物「AC―11」〉/光老化対策に優れた効果

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ