日本通販CRM協会/CRM支援団体発足/通販会社に「CRMマーク」提供

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

代表理事の向徹氏が協会の方針を発表

一般社団法人日本通販CRM協会(本部東京都、向徹・代表理事)は3月12日、協会を発足し、6月より本格始動すると発表した。通販業界におけるCRM(顧客関係強化策)の普及・研究が目的。CRMに関する勉強会を開催する他、通販企業がサイト上などに表示できる「顧客満足推進マーク(CRMマーク)」の提供も開始する予定だ。
 同協会は、(1)消費者にとって快適な業界育成(2)EC・通販市場の向上(3)EC・通販CRM市場の向上(4)優良CRM活動から通販事業者の発展に貢献する─といった4つのテーマを軸に活動するという。

(続きは本紙3月19日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ