【あしたるんるんラボ 木内 仁美 執行役員兼事業部長】商品を約80品目に厳選

 ーーー入社した経緯は。

 大学4年生の5月にインターン生として入社したのがきっかけです。大学生向けのフリーマガジンを作成するサークルに入っていたことが縁で、知人から紹介されました。インターンまでアマゾンや楽天などのネット通販を利用したことがなかったので、通販については何も知らない状態でした。進路を決める段階で、内定をいただいていた会社もあり悩みましたが、インターン時からさまざまな仕事を任せてもらえ、やりがいを感じていたので、そのまま正社員として入社を決めました。
 入社後は商品の受注処理や発送作業を行っていました。当時は「プチセレクト」というサイト名で、仕入れ商品のみを扱っていました。ジャンルは健康食品や美容品、アパレルなどさまざまで、卸売会社が薦める商品や、「楽天市場」といったECモールで上位にランクインしている話題性の高い商品を中心に取りそろえていました。

 ーーーPB商品に比重を置いた理由は。

 自信を持って薦められる商品、また自分が欲しいと思える商品を販売するサイトにしていこうと考えたためです。独自商品を出すことで他社と差別化を図り、会社としての収益を高める狙いがありました。13年8月にサイトをリニューアルし、サイト名は「あしたるんるん」と名付けました。「女性の明日が良くなるように」という思いを込めました。

 ーーーPB商品を増やすにあたって取り組んだことは。

 それまで会社として、自社商品の企画、開発を行ったことがありませんでした。まずは取扱商品の見直しを行い、収益性の高い商品や話題性の高い商品を厳選していきました。例えば、1週間で約100~200品目の商品を削り、売り上げに変化があるかをテストしながら行っていきました。またメーカーから直接、商品を仕入れるようにしました。それまで卸売会社からの仕入れが大半でしたが、値崩れがひどく、利益が取れなかったためです。当初、約1500品目の商品がありましたが現在、当社がECサイト内で販売する商品は約80品目です。半数以上が自社で企画、開発した商品です。


(続きは、「日本ネット経済新聞」10月12日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ