【EC支援サービスマップシリーズ 「商品仕入れ」特集】BUYON/東大門市場から仕入れ/60万点のファッション商品を提供

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 BUYON(バイオン、本社東京都、三浦由理社長、(電)03―6263―0935)は韓国のファッション問屋街・東大門総合市場の卸問屋からネット経由で商品を仕入れることができるサービスを提供している。約4200店舗が出品しており、取扱商品数は60万品目を超えるという。
 仕入れサイト「BUYON」は、東大門総合市場の卸問屋が出品した商品を手軽に現地価格で仕入れることができる。東大門市場の3分の1に当たる約4200店舗が参加しており、毎日1200~1600品目の商品情報が新規登録されている。国内の利用企業は複数店舗の取扱商品を一括して注文し、配送してもらうことができる。
 国内のバイヤーはこれまで、現地に買い付けに出かけたり、サンプルを取り寄せて仕入れを決めていた。BUYONを利用することで、現地に出向く費用やサンプルをやり取りする時間を大幅に削減できるという。
 現在はベータ版として一部の企業限定で提供している。今冬にはサービスの本格展開を開始する予定だ。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ