【EC支援サービスマップシリーズ 「物流」】エスプールロジスティクス/リピート通販に導入進む/越境EC対応の体制も整備

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

 物流代行サービスを提供するエスプールロジスティクス(本社東京都、浦上壮平社長、(電)03―6859―6565)は、化粧品や健康食品などリピート通販会社の支援実績が増えている。出荷スピードの速さや同梱物の管理機能などが好評だという。越境ECにも対応できる体制を整えている。
 リピート通販会社の多くは、物流においてもサービス品質にこだわる会社が多い。購入回数に応じて同梱物を変えたり、宅配便にヤマト運輸を指定したりしたいという要望が寄せられるという。
 「後払い決済に対応している会社も多く、経費を削減するため『後払い請求書は商品と同梱して発送したい』とおっしゃる事業者さまもいる。当社は導入企業さまの要望に対応できるよう、システム面から提案している」(遠藤達哉執行役員通販物流事業部営業部長)と話す。
 同社の倉庫は東京・平和島と茨城・つくばに設けている。平和島のセンターは午前11時までに注文処理できた商品を、首都圏の1都7県に当日配送できる。
 平和島とつくばの物流センターは無休で営業。さらに、つくばのセンターは1階に宅配会社の集荷所があるため、休日出荷も迅速に対応できるという。
 同社は顧客の課題に応じて、受注処理や顧客対応を代行できる体制を整えている。「当社のセンターが365日稼働していても、クライアントさまは土日休みというケースが多い。当社が受注や顧客対応を請け負うことにより、休日の注文にも対応できるようになる」(同)と話す。
 通販会社からの要望に応え、越境ECへの対応にも注力している。越境ECに強みを持つ会社と提携することにより、越境ECをトータルに支援できる体制も整備している。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。


Page Topへ