【EC支援サービスマップシリーズ 「転換率向上」】 ソケット「フリップデスク」/「運用コンサル」が好評

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

”接客シナリオを個別に設計”


 ソケット(本社東京都、安藤祐輔社長、(電)03―6365―7003)が提供するウェブ接客ツール「flipdesk(フリップデスク)」は、同ツールの運用を請け負う「運用コンサルティング」が好評だ。導入店舗ごとの接客シナリオをオーダーメードで設計することで、ツールの導入効果を発揮できるという。
 「フリップデスク」はサイト訪問者の行動を解析し、顧客の状況に応じてクーポンを発行したり、キャンペーンを告知したりできる。14年9月の提供開始以来、すでに400社以上が導入している。
 同社のオプションサービスで好評なのが「運用コンサルティング」だ。社内に「フリップデスク」の運用チームを持っており、効果が得られた接客シナリオなどのノウハウを導入企業に提供している。
 「運用コンサルティング」では、導入企業の要望を聞いた上で、接客シナリオの設計から効果検証、分析レポートの提供までを行うという。
 「運用チームには、全社員数の3分の1に当たる10人を割いている。要望が増えているため体制を強化している」(安達隆執行役員プロダクトマネージャー)と話す。
 運用まで支援できる体制を整えている点が強みだという。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。


Page Topへ