Hmcomm/AIオペレーター需要拡大/コールセンターのコロナ対応を支援

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

榊原満事業部長

 音声認識技術を用いたソリューションを提供するHmcomm(エイチエムコム、本社東京都、三本幸司社長、(電)050―3159―6294)が提供するAIオペレーター「Terry(テリー)」の導入に関する問い合わせが急増している。新型コロナウイルスの影響でコールセンターの運営に悩む通販事業者からの引き合いも多い。
 「テリー」は音声認識技術と音声合成を活用し、人工知能(AI)が顧客からの電話に応対するソリューション。産業技術総合研究所発ベンチャーという技術力に加え、ディノス・セシールや協和など通販会社への導入実績も豊富だ。

続きは「日本ネット経済新聞」の新ウェブメディアで!
下記URLから閲覧できます。

関連リンク・サイト

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ