日本健康・栄養食品協会/トクホに公正競争規約/19年度中に当局へ申請目指す

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

下田智久理事長

 (公財)日本健康・栄養食品協会(日健栄協、事務局東京都、下田智久理事長)は7月23日、特定保健用食品(トクホ)の表示に関して、強制力を持った公正競争規約を策定する方針を発表した。19年度中に規約を策定し、消費者庁や公正取引委員会へ規約の申請を図るとしている。将来的に、トクホ以外の機能性表示食品や、いわゆる健康食品についても、公正競争規約を策定していくことを目指すとしている。
 日健栄協はこれまで、業界団体として自主的にトクホの広告自主基準を策定してきた。9回にわたって審査会を開催し、会員企業のトクホの広告の審査を行ってきたとしている。

(続きは、「日本ネット経済新聞」8月1日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ