コアラスリープジャパン/初のプレス向け振動体験/認知拡大を狙う

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

グラスがこぼれない実演をするアダム翔太氏

 寝具やマットレスのECサイト「コアラ・マットレス」の運営を行うKoala sleep japan(コアラスリープジャパン、本社東京都、ダニエル・ミルハム社長)は6月7日、メディア向けの初イベント「コアラ・スリープラボ」を東京の表参道で開催。メディアからは10人以上が参加した。
 同社は、17年からこれまでに、都内の表参道や代官山、大阪の南堀江などの各エリアで計8回、一般消費者向けのイベントを実施してきた。
 さらなる認知拡大を図るため、メディア向けの体験会を実施することにしたのだという。同イベントでは参加者が、人が乗っても揺れないマットレスを体験。ワイングラスを乗せて実際に人が上下に動いてもこぼれないという実験なども行った。
 同社はこれまで、こうした機能性を動画で紹介し、認知を拡大してきた。「当社は、動画での訴求に強みを持っているが、実際に、体験してもらうことの方がより重要」(PRマネージャー・恵古涼夏氏)と話す。
 同社の18年10月―19年3月期(第2四半期)の売上高は、前年同期比54.7%増となっており、大幅な増収を記録している。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ