アラタナ/リアル店に後払い/コイニーと共同で提供

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

電話番号だけで決済を完了できる

 ZOZO(ゾゾ)グループでアパレルブランドのEC支援を行うアラタナ(本社宮崎県、濱渦伸次社長)は5月22日、コイニー(本社東京都、佐俣奈緒子代表)と共同でリアル店舗向けに後払い決済サービスの提供を開始した。ユーザーは電話番号を伝えるだけで決済は完了。まずアパレル企業限定で提供を開始して、将来的には他業種にも提供する。
 アラタナとコイニーは共同で、リアル店舗向け後払い決済サービス「ツケ払い powerd by Coiney(パワード・バイ・コイニー)」の提供を開始した。ファッションECモール「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」で提供している後払い決済サービスを、リアル店舗にも提供する。
 ユーザーは「ツケ払い」を利用することで、支払日が注文日から最大2カ月後になる。リアル店舗で電話番号を伝え、ショートメッセージを受信して、リンクをタップするだけで手続きが完了する。利用上限金額は2万円。一部のコンビニエンスストアやATMで支払い可能。
 リアル店舗では、タブレットかスマホを用意し、ネット環境を整備するだけで手軽に導入できる。導入費用は無料、決済手数料は要相談。売上金は翌月末にコイニーから入金される。
 6月末までに申し込んだ店舗には、9月末まで決済手数料を無料にする。アラタナはECで培ったサービスをリアル店にも展開し、クライアント数の拡大を図る。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ