ベルシステム24/新拠点の開所式開催/座席数は200席規模

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

開所式で挨拶をするベルシステム24の柘植一郎社長

 ベルシステム24は1月29日、首都圏(東京、埼玉、神奈川)で8番目の拠点となるコールセンターの開所式を行った。座席数は200席の規模。フィンテック関連の業務を行い、2月から運用を開始する。従業員満足度調査の結果をもとに、センター内の設備を充実させたのが特徴。
 新拠点の「南大沢ソリューションセンター」は、昼間の人口が多い都内八王子・南大沢エリアに新設した。主婦や学生の雇用を見込んでおり、300人の雇用を創出する計画としている。短時間勤務など柔軟な勤務体系を用意する。
 設備面では休憩室の各席に、スマホなどの充電のためのコンセントを設置した。靴を脱いでリラックスできる小スペースなども設けた。
 開所式であいさつした柘植一郎社長は、「多様なライフスタイルに合わせ、安心して長く楽しく過ごせるような職場を作り出し提供する。そういった先進的な取り組みの中核に、当センターがなれればいいなと思う」と話した。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ