大都/親子でPB家具を組み立て/インフルエンサー集め体験会

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

PB家具を組み立てるワークショップを開催

 DIY用品をECで販売する大都(本社大阪府、山田岳人社長)は12月21日、東京・二子玉川にある実店舗のリニューアルに併せて、同社のPB家具を組み立てるワークショップを開催した。ワークショップには、数万人のフォロワーを抱えるママインフルエンサーら4人が参加。親子でローテーブルを組み立てた。
 ワークショップでは、インフルエンサーらがローテーブルをレンチで組み立てたり、塗料を塗ったりした。インフルエンサーらは、家具を組み立てる様子をお互いに撮影し、後日SNSに投稿した。
 同社はワークショップに、あえてDIYの需要が少ない世代のインフルエンサーを選出したという。「簡単に組み立てられ、楽しい」というメッセージをPRするのが目的だとしている。
 二子玉川の実店舗は、18年6月に同社が打ち出した「自分らしい暮らしを自分で作る」というコンセプトに合わせてリニューアルした。新店舗は、DIYで作った家具などを、試しで設置してみるスペースを新設。DIYで楽しく暮らしを作る様子をイメージしやすいような内装にしたという。
 同社は18年から、商品の仕入れ先である、工具や資材のメーカーと情報を共有するためのコミュニティー「DIYファクトリーパートナーズ」を形成している。「新店舗のワークショップスペースを利用し、メーカーのクリエイターを集めてモノづくりをPRしたい」(宮本英治執行役員)と話している。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ