インスタグラム/ネット販売に誘導/ショッピング新機能実装

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

動画投稿からECに誘導可能に

 インスタグラム(本社米国カリフォルニア州、ケビン・シストロームCEO)は11月15日、画像・動画SNS「インスタグラム(インスタ)」のショッピング機能における三つの新機能を発表した。動画投稿やプロフィールからネット販売に誘導できる機能を実装した。
 新機能では動画にショッピングタグを付け、ネット購入を促すことができるようになった。これまでは写真(静止画)のみがショッピング機能の連携対象だった。
 ショッピング機能を利用しているアカウントのプロフィール上にショップボタンが設置され、商品一覧を表示できるようにした。これはショッピング機能を実装した投稿が9件以上になると自動的に利用できる。
 ユーザーが、ショッピング機能を利用したフィード投稿から、お気に入りの商品を保存できる機能も実装した。従来からフィード投稿を保存する機能はあったが、商品を保存できる機能はなかった。
 インスタグラムは6月、国内向けにショッピング機能の提供を開始した。9月には投稿から24時間で自動消滅する「ストーリーズ」にもショッピング機能を実装。今回の機能拡張でユーザーが商品の発見から購入までスムーズに進めるようにしたい考えだ。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ