LINE/今冬、店舗送客を開始/第1弾は「アースミュージック&エコロジー」

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

藤井英雄執行役員コマース担当

 LINEは今冬、ショッピングサービス「LINEショッピング」において実店舗への送客(O2O)サービス「SHOPPING GO(ショッピング・ゴー)」を開始する。第1弾の提携パートナーはファッションブランド「アースミュージック&エコロジー」。「LINEショッピング」を見て、実店舗で商品を購入したユーザーに特典を付与し、送客効果を高めるという。
 LINEは17年6月、ECサイトにユーザーを送客するショッピングサービス「LINEショッピング」を開始した。現在では会員が2200万人に達し、取扱商品数は2億点以上に拡大した。
 LINEは「LINEショッピング」をポイントバックサイトからショッピング検索ポータルに発展させたいと考えており、オフラインの検索機能の実装も視野に入れていた。
 「位置情報と検索機能、パーソナライズを掛け合わせたサービスを実現できるのがLINEの強み。今冬からテスト導入を開始し、来春以降に本格展開したい」(藤井英雄執行役員コマース担当)と話す。
 LINEは位置情報の捕捉やレジでのバーコードスキャンなどを活用し、ユーザーの実店舗での購買情報を収集する見込みだ。リアルでの購入者にもポイントを還元し、サービスの利用を促す。
 「LINEショッピング」は検索機能やサイトのUI(ユーザーインターフェイス)、レコメンド機能の改善を図り、利便性を向上させている。EC送客に加えて、リアルへの送客機能を実装することで、ユーザーの利用率を高めたい考えだ。

「ショッピングGO」は位置情報やバーコードスキャンで購買情報を確認

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ