〈楽天市場 夏の消費トレンド2018〉 SNS、働き方改革が影響/ECならではの消費行動も

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

楽天のトレンドハンター・清水淳氏が「衣」「食」「住」「遊」「驚」のトレンドワードを発表

 楽天は6月5日、購買データから分析した「楽天市場 夏の消費トレンド2018」を発表した。SNSや働き方改革の普及が消費生活にも影響。ECならではの消費行動もトレンドを左右しているという。
 楽天のECカンパニーでトレンドハンターを務める清水淳氏が、「衣」「食」「住」「遊」「驚」の5ジャンルに分けてトレンドワードを発表した(表参照)。ウェザーニュースの気象データと過去の購買データを照らし合わせた相関関係も分析に生かしている。
 「衣」のキーワードは「消費者主導」だった。消費者がSNSで情報を発信して楽しむことができるアイテムがヒット。背中部分に特徴がある水着や浴衣の人気が高まっている。背中部分が目立つことを意味する「バックシャン」というワードの検索数は101.1%増となった。
 「水着で撮影するとき顔を出したくない人もいる。背中のショットだとSNSに載せやすい」(清水氏)と話す。
 「住」のキーワードとして挙げた「ライフシフト消費」は、働き方改革により、生活スタイルが変化したことで注目されている。睡眠を快適にする「高級寝具」や、自宅でもプロ仕様の調理を実現する「低温調理器」などが人気となっている。
 「驚」のキーワードは「逆転消費」。夏でも冬の定番商品が購入されている。おでんや防寒グッズ、編み物用の毛糸などは夏でも人気がある。冬の定番商品は、夏にはリアル店舗の売り場から消えるため、ユーザーはネットで探す傾向があるという。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ