【物流の知恵】 〈NTTぷらら〉梱包状態を最適化/QRコード使いアンケート

  • 定期購読する
  • 業界データ購入
  • デジタル版で読む

段ボールに梱包などに対するアンケート用のQRコードを印字している

 映像配信サービスほか、PCや家具のネット販売を展開するNTTぷらら(本社東京都、板東浩二社長)は、ネット通販で商品を送る際に使用する梱包材にQRコードを印字している。QRコードを使って梱包状態に対する顧客の意見を分析。最適な梱包状態を維持するのに役立てている。
 配送商品を梱包する段ボールを開けると、QRコードが目に入る。段ボールの製作を委託する際、QRコードのほか自社のイメージキャラクターも印字している。
 ECサイト「ひかりTVショッピング」では、PCや家具・家電・日用品など約16万品目を販売。商品の中には梱包の最適化により、コストが増えたものもある。ただ、梱包状態を含めて顧客満足度を優先することが、将来的には売上高につながるとみている。
 17年3月期におけるEC売上高は開示していないが、前期比約10%の増収だった。「ヤフーショッピング」に出店しており、ショップレビューは約4.5点と高評価。
 梱包や配送スピードを評価するコメントもある。今年3月には、ヤフーのベストストアアワード・新人賞を受賞した。
 NTTぷららは「同じ梱包でも顧客によって受け取り方はさまざま。カスタマー部門に届く意見を統計的に分析して、梱包方法も変えながら改良してきた」(ビジネス戦略部コマース担当・若原功次チーフ)と話す。

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ