エアークローゼット/試着、購入事業を開始/スタイリストが服を提案

記者発表会でサービスの概要を説明する天沼社長

 月額制のファッションレンタルサービスなどを手掛けるエアークローゼット(本社東京都、天沼聰社長)は10月2日、服の試着、購入サービスを開始した。プロのスタイリストが提案した服を試着し、気に入った商品は購入できる仕組み。購入時のミスマッチを防ぎ、ユーザーに合った服を効率的に提供していく。
 スタイリングサービス「pickss(ピックス)」は、ユーザーが登録した服の好みやサイズ情報を基にスタイリストが選んだ服を5品目配送する。ユーザーはスタイリング料として1回につき2800円(税抜)支払う。1着以上購入した場合、スタイリング料を免除する。2着以上の購入で購入総額からさらに5~15%を割り引く。
(続きは、「日本ネット経済新聞」10月12日号で)

記事は取材・執筆時の情報で、現在は異なる場合があります。

Page Topへ